• TOPICS

    男女

    ワーキングホリデー中の過ごし方についてエージェントに相談しよう

    オーストラリアでのワーキングホリデーは人気があるので、海外生活に興味がある方で、自分でも挑戦してみたいと思っている人は沢山いるのではないでしょうか。ワーキングホリデーは、オーストラリア現地滞在中…

    read more

    スーツの女性

    ワーキングホリデー中に通う語学学校の選定はエージェントに相談を

    ワーキングホリデーの魅力は、何と言っても、渡航先で働いてお金を作る自由があるということです。海外留学には多額の資金が必要ですが、その一部を現地で調達できるので、出発前に全ての資金を用意しておく必…

    read more

    勉強中の子供

    目的を明確にしてワーキングホリデーに挑戦しよう

    ワーキングホリデーは、「ホリデー」という名前の通り、基本的には休暇です。そのため、特に予定を詰め込まずに、渡航先でほどほどに稼ぎつつ、のんびり過ごすのもありです。ただ、ワーキングホリデーという貴…

    read more

    英会話

    ワーキングホリデーの成果をしっかり形に残そう

    ワーキングホリデーのプログラムを利用してオーストラリアで生活する場合、人によって現地滞在の目的は大きく異なります。オーストラリアは、マリンスポーツが盛んな国なので、サーフィンの腕を磨くことが主目…

    read more

髭の外国人

オーストラリアのワーキングホリデーにはいつ行けば良い?

驚く子供

ワーキングホリデー先として人気のオーストラリアは、広大な自然と動物、現実的な話でも最低時給が高く物価も高くないなど、魅力がいっぱいです。そんなオーストラリアへのワーキングホリデー、いつ頃行くのが良いのか悩む方もおられるでしょう。今回は、オーストラリアのワーキングホリデーへの出発時期について紹介します。
オーストラリアと我が国は、季節感が正反対です。何故なら、オーストラリアと我が国の緯度は正反対と言っていいくらい大きく違うので、季節も反対になります。具体的に、我が国で9月ならオーストラリアでは3月くらいの季節感です。
さらに、我が国では南の方が温暖ですが、オーストラリアでは逆に北の方が温暖です。そこにも注意して出発時期を選びましょう。
もう1つ、学校の観点でも出発時期を選ぶ必要があります。オーストラリアではなく、我が国の大学の夏休みや冬休みや春休みの時期に当たりそうなら避けた方が良いです。語学学校に通う場合、普通は1クラスに10人程度なので多少アットホームな雰囲気で楽しむ事ができますが、大学生の長期休暇期間に当たってしまうと、大学生の留学生もやってくるので、1クラスに20人以上になります。気にされる方は注意してください。
生活の心配事や手続きの不安がある場合は、エージェントに相談するのが一番です。エージェントは、ワーキングホリデーでの生活サポートを行ってくれます。

オーストラリアにワーキングホリデーに行く時に覚えておくべきこと

ワーキングホリデーの利用先として人気のあるオーストラリアは、給料が高くて物価が高くないこと、条件を満たせば2年も滞在できることを理由に人気です。オーストラリアのワーキングホリデーは魅力的ですが、注意していただきたい点もあります。楽しいワーキングホリデーを過ごすためにも、その注意点を紹介します。
オーストラリアの最低時給は1500円ですが、ワーキングホリデー労働者には一律15%の税率が課せられます。つまり、ワーキングホリデーの場合の最低時給は1275円程という事になります。それでも高いのですが、税率が課せられるという事は念頭に置いてください。
また、オーストラリアでも違法就労があります。英語力の低い外国人相手に、違法に安い賃金で雇っている場合があるのです。オーストラリアは治安が良いのですが、そんなオーストラリアでも違法就労が存在するのです。これを回避するには、とにかく英語力とりわけ英語を話す力をつけることが大事です。
英語力をあらかじめつけた方がいい理由はもう1つ。オーストラリアには日本人が多く働く店もありますが、英語力がない場合はその店で働く事になります。それだと、ワーキングホリデーの意味をなさなくなるので、出来れば日本人の少ない店で働くようにしましょう。
他にも気になる事不安な事があれば、エージェントに相談してください。エージェントは、オーストラリアの生活をサポートしてくれます。

ワーキングホリデーなら現地でお金を稼ぎながら英語力をアップできる

英語力を強化するためには、英語圏に語学留学するのがシンプルなやり方です。しかし、もう一つ、ワーキングホリデーという選択肢もあります。
ワーキングホリデーとは、その名が示す通り、働きながらの休暇です。通常、海外で働いてお金を稼ぐことは、各国が求める厳しい要件をクリアしなければならず、そう簡単ではありません。しかし、ワーキングホリデーの制度を利用すると、より簡単な手続きで海外で仕事をすることが出来ます。
ワーキングホリデーの目的地としては、治安がよく気候に恵まれたオーストラリアが人気です。英語圏ということもあり、現地に住み、働いてお金を稼ぎながら英語の勉強も出来るということで、貯金額が心もとないけれど英語力を強化したい方にはピッタリの選択肢と言えるでしょう。特に、ワーキングホリデーは、制度を利用できる年齢に上限があるため、思い立ったら早めに行動することが大切です。興味があるのなら、まずは、オーストラリアでのワーキングホリデーに詳しいエージェントに相談するといいでしょう。エージェントは、これまで、多くの人のオーストラリアへのワーキングホリデー渡航をサポートしてきた経験上、滞在する都市や勉強する語学学校の選定など、ワーキングホリデーという希望を具体化するために有益な情報を沢山提供してくれるはずです。